【A5ランク】肉の等級って?

どうもSHOです!

焼肉を食べに行ったときにお肉の等級が

記載されている事がありますよね。

よく耳にするのが ”最高ランクのA5の〇〇牛です。”

といったキャッチコピーなどです。

なんとなく1番良いお肉なんだ、だから美味しいはず。

と、思って注文される方も多いのでは?

勿論、詳しくご存じの方も多いかと思いますが、

今回はこの牛肉の等級について分かりやすく

解説していけたらと思います。


 

そもそも牛肉の等級ってどうやって格付けしているのか?

その方法はまず、牛肉は縦に半分、左右に分かれるよう、

カットされます。その半分を枝肉と呼びます。

この枝肉をチェックして各項目を基準値より上なのか下なのか

厳しく判断されて格付けされているのです。


では A5 等級を例に解説します。

そもそも A というアルファベットは

歩留等級 というものを表しています。

歩留まりというのは簡単に言うと、

1頭から取れるお肉の量”を表します。

多くとれるものをAと表し、

A B C の3三段階に区別されます。


次に A5 の 5という数字は

肉質等級 というものを表しています。

これは次の4項目を総じて格付けされます。

・脂肪交雑

・脂肪の色、質

・締りときめ

・お肉の光沢


この歩留等級と肉質等級を合わせたものが

牛肉のいわばステータスのように扱われます。

但し、A5が最も美味しいかと言われると、

意見は千差万別なのです。ある肉のプロは

A4が最も美味しいと唱える方もいます。

実際は食べるお客様自身の好みで自分には

どの等級の牛が合うのか実際に

食べ比べしてみるのもまた新たな楽しみ方の1つに

なると思いますよ(^^)


実際にSHOでもA5も取り扱うこともありますが、

メインはA4をベースに仕入れているんですよ!

是非、今後の肉活の参考になれば幸いです♪

ブログカテゴリの最新記事